HOME > 墓石に刻む「書体・家紋」について

墓石の書体

  墓石には家名をはじめ宗派の題目、経文などが刻まれますが、その書体は「楷書体」「行書体」「草書体」「隷書体」などの各種類の書体があります。書体は直接見本をご覧頂きお選びいただけます。一般的には解りやすいということで楷書体が好まれます。字体には新仮名づかいよりも旧字を使うのが正式とされていますが、特に気にすることもないでしょう。自筆の字も刻めますが、別途費用が必要です。ご相談ください。

写真


家紋

 家紋は、平安時代の古くより朝廷に仕える人々が他家と区別する目的の文様として用いられたのを起源として現在まで各家固有の目印の自らの家系や血統、家柄などを表すために用いられてきました。その数は日本だけで241種、5116紋以上にもなります。 墓石に家紋を刻む風習は明治以降になって急速に増えていきました。お墓はご先祖様の居所だから神聖な場所、家のシンボルである家紋をつけるのは自然なことです。 ところが、いざお墓に家紋というときに「家紋が分からない!」という場合もあります。 当社では家紋のお調べもお手伝いいたします。下記に一例をご紹介いたします。

写真

▲ページトップに戻る